ニュース

有縁の皆様

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、今年の報恩講セミナーは残念ながら例年のような形での恵光センターでの開催は不可能となりました。しかしながら、今年度はオンラインという形にて報恩講セミナーを開催することになりましたことをここにお伝えします。御講師はアメリカ、カリフォルニア州バークレー在住の桑原浄信師でございます。(プロフィールは以下に記載しております。)セミナーは午後の時間帯(ドイツ時間)で開催されますが、午前中の時間帯には「ヨーロッパにおける浄土真宗」についての今後を話し合う場、また相互研鑽の場を設けることを考えております。もちろんヨーロッパのみならず世界中の方々のご参加もお待ちしておりますので、ご周知の程何卒宜しくお願い致します。詳細につきましては追って、こちらのウェブサイトにてお知らせさせていただきます。  

2020年オンライン報恩講セミナー

2020年11月27ー29日|11月27日14時開始(ドイツ時間)
御講師:桑原浄信先生 (浄土真宗インターナショナルオフィス事務局長、浄土真宗本願寺派北米開教区バークレー仏教会駐在開教使)

テーマ「私を転じて下さる光」

2020年ヨーロッパ浄土真宗「惠光」同朋会定期総会

2020年11月29日(日)10時30分~12時(ドイツ時間)

2020年のヨーロッパ浄土真宗「惠光」同朋会の定期総会はオンラインにて開催されます。関係者の方々には、近日中に詳細をお知らせいたします。

第20回ヨーロッパ真宗会議

重要なお知らせ

このたびの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響を受け、今年8月に予定しておりました第20回ヨーロッパ真宗会議及び第17回国際真宗学会ヨーロッパ支部大会の開催可否を検討してまいりました。しかし、感染症終息の目処が立たず、先行きが見通せないことから、ご参加の皆様および関係者の皆様の健康や安全面などを最優先として考慮し、支援いただく国際仏教文化協会との協議の結果、本大会の2020年での開催を延期することに決定いたしました。 つきましては、感染状況や行政当局からの情報など今後の状況を慎重に鑑みながら2021年以降での開催を検討しております。 (2020年4月1日)

重要なお知らせ

 世界各地で新型コロナウイルスの感染者が確認され、多くの方が不安を抱えて生活をされており、各地で学校の閉鎖、イベントやスポーツ大会の中止・延期も相次いでおります。世界中から多くの方のご参加をいただく予定の第20回ヨーロッパ真宗会議についても開催するべきかどうかを検討しなければなりません。今後はこの情勢を注意深く見守り、大会に関わるすべての方の健康と安全を最優先に考え,5月15日を期限として開催が可能かを判断いたします。このウェブサイト上には必要に応じて随時情報を掲載させていただき、大会開催の可否が決まり次第、参加申込者、招待者には直ちにご連絡させていただきます。
 なお、今後も引き続き参加申し込みは受け付け、開催へむけての準備は並行して行ってまいります。
(2020年3月13日)

総合テーマ「浄土真宗における慈悲と行」
開催日時:2020年8月25日(火)~28日(金)

参加申し込み受付を開始しました。

IABC(国際仏教文化協会)とIASBS(国際真宗学会)が共催で2年に1度開催しておりますヨーロッパ真宗会議が2020年8月にドイツ、デュッセルドルフの「恵光」日本文化センターにて開催されます。浄土真宗本願寺派前門様・前御裏方様ご臨席のもと、参加者による発表やそれに対する議論、特別講演、小旅行、記念法要、また世界中の御同行達との交流など多くの催しが4日間に渡り行われます。また、大会中には前門様による帰敬式も執り行われます。

詳しい情報はコチラ→ESC2020